さしみ海域

くだらない記事を気まぐれで書いています。

小説 異界の童

 

あれは、電車を乗り継ぎ、祖母の家に遊びに行った6歳の夏。

8月になり、身を焦がすような熱い日差しが照りつける日の事だった。

 

私は、祖母に川に遊びに行くと言い、一人で山の中の小川に歩いた。

山の中は木の葉によって日差しが遮られ、とても涼しく感じられた。

木の表面を触ると、鱗のようにザラザラとしていた。表面はとても硬かったが、同時に湿っている。

他の木を見ると、何か白い紐が巻き付いていた。

 

祖母の家から少し離れた小川へ着くと、苔の生えた岩に座りこんだ。

岩には小さな蟹がいたので、ひとつ拾い上げる。

蟹の足が暴れて手のひらで動く感覚は、なんだかくすぐったかった。小さな蟹を離すと、蟹は怯えるようにして岩の隙間に入りこんでしまった。

 

川の表面を見れば、父親の手のひらほどの大きな魚がひっくり返って浮かんでいた。なんの魚かは分からないが、どうにも、その銀の眼は私の顔を見ているように感じた。じっと、こちらの瞳を覗き込むように。

6歳の私には、それがとても気味悪く感じられた。

 

少し離れた場所へ下り、川沿いを歩いた。

川は深くなっていき、氷の解けた麦茶のような、冷たい水の飛沫が飛んでくる。

私は、先ほどの死んだ魚の眼が頭から離れなかった。

深くなっている所を覗くと、少し恐ろしさを感じた。

小さな滝の水音。五月蠅い蝉の声すら聞こえない森の中で、唯一その音だけが聞こえる。日差しの届かない森の涼しさが、私に恐怖感を植え付ける。

 

怖さを紛らわすためだったのだろうか。大きな石を両手で持ち、川へと投げ込む。

大きな水飛沫が上がると同時に、シャツの外から、何かが通り抜けたような感覚に襲われた。

背筋が凍り付く。

耳鳴りがする。

襲ってきた恐怖感に、たまらず逃げ出してしまった。

 

川から離れた森に行くと、横に倒れ木に寄り掛かった鳥居を見つけた。

限りない恐怖に支配されていたためか、山の神にすがろうとしたのか。私は鳥居の方へと走った。

やがて、苔の生えた木の祠に出会う。

小さな祠の柱には、最初に見た、白い紐が括り付けられていた。

祠の石畳の隙間から一輪だけ、綺麗な紅い花が咲いていた。

緑ばかりの森の中で唯一、違う色のものであった。

お守りのようにその花を手に取り、両手で包んで来た道を戻っていった。

 

来た道を戻っているはずなのに、明らかに地形が変わっていた。

川の水音もなくなり、森の静けさに混じった、自分の足音だけが耳に入る。

そのうち、自分の足音すら妙に感じた。

固い土と木の地面を歩いているはずなのに、まるで砂の上を歩いてるように足音がしない。

上を見ると、木漏れ日すら消えていた。

まだ夕暮れまでには時間があると思ったのに、もう夜のように暗い。

葉の隙間から覗いた空は、歪んでいた。

だんだん

だんだん森が暗くなっていく。

脛を指先でつつかれるような感覚が襲った。

つんつん

つんつんと、右足から。

足元は暗く、どんな形の地面を歩いているかすら分からなくなっていた。

森の中で、昼から唯一変わらないのはこの冷たさ。

明かりもない森の中を歩く恐怖に耐えきれず、木に座り込んで泣き出してしまった。

 

どこか遠くから、女の人の笑い声が聞こえる。

くすくす

くすくすと、笑っている。

また遠くからは、三味線のような、何か分からない弦を弾く音が聞こえる。

ぺんぺん

ぺんぺんと、か細い音で。

どうすることもできないと、紅い花を左手で握っていると、いつの間にか。横には何かが座っていた。どんな姿だったか、私には思い出すことができない。

 

何かは右手を静かに持ち、私を立ち上がらせた。その手はとても優しく、冷たい森で唯一の温かさであった。

何かは何も喋らなかった。ただ、温かい手で私の手を引いて森を歩いた。

たくさんの木の枝が掴もうとしてくる。

しかし、私の体に触れることができず、すり抜けていった。

とても恐ろしいものであったが、握られている温かい手によって、怯えることはなかった。

 

足場の悪い道を走ったことによって息を切らしているのに気が付いたのか、何かは小さな石の上に座らせてくれた。

優しい手の感覚が頭を撫でる。

先の恐怖感は嘘みたいに吹き飛んで、私はただ安堵していた。

もう笑い声も、弾く音も、聞こえなかった。

 

山を抜けると、とても広い畑へと出た。

外は暗い。

少し遠くへ、街頭の明かりが見える。

この畑には見覚えがあった。祖母の家の前の、大きな稲畑だ。

何もない、畑の中の道を歩く。

何かは何も話さない。

黙って私の手を引いていた。

 

祖母の家の玄関で、立ち止まった。

ここまでしてくれた何かにお礼をしようと、ポケットから紅い花を取り出す。

それを手に取ると、私に一つの人形をくれた。

木でできた人形だったが、左腕には白い紐が巻いてあった。

握っていた手が、離れる。

私はとても、寂しいように感じた。

 

後日、祖母にこの不思議な体験のことを話した。

そして、祖母にあの人形を渡すと、何も言わずに握っていた。

何か、とても大切な物だったのかと尋ねると、これは何年も前に亡くなった祖父のものだという。

私は祖父に会ったことはなかった。

 

祖母に連れられ、祖父の墓へと向かった。

その日は熱さはなくなって、なんとなく、あの森のように涼しい日だった。

祖父の墓石の前に座り込む。

「あら…誰が置いたのかしらね。」

祖母が言う。

私が立ち上がると、墓石の上には花が添えられていた。

 

花は、綺麗な一輪の紅い花であったとさ。

 

 

 

短編小説~余命~

平成26年 新潟県

 

県の東部に位置する林田総合病院では、変わった医者が働いていた。

医者の名前は、上原英明。この病院で10年ほど働いているが、特別医療の腕がいい訳でもなく、見た目もごく普通の医者であった。

しかし、上原には唯一の能力があった。

その能力とは、"患者の余命をピタリと当てる"というものである。実際に上原は多くの患者の診察をしたが、どの患者の寿命もピタリと、年代だけではなく何月何日かまで当てるのだ。

この能力は同僚や後輩たちに気味悪がられる一方、外した前例がないため、家族や友人へ別れを告げられると、老人の多い病院の患者からは意外にも好評であった。

 

4月 林田総合病院

 

春になり、暖かな日差しが差す日の事。

上原は、入院をしている鎌田勲(83)の検診へと向かっていた。

病室の戸を開き、カーテンを開けると、点滴を打たれ、ベッドに横になっている鎌田の姿があった。

「ああ、先生。そうでした。今日は検診でしたね。」

「はい、起き上がれますか?」

鎌田はもう細くなった腕で、力なくベッドから起き上がる。

「すっかり力も弱くなったなぁ…自分でも死期が近づいているのが分かりますよ。」

上原は検診を終えると、鎌田へと話しかけた。

「鎌田さんのおっしゃる通り…もう僅かしか残されてないようです。余命をお伝えします。」

「ええ、お願いします。もう娘や孫にも別れを告げてありますから、悔いはありません」

上原は告げた。

「残された時間はあと10...」

上原の言葉が小さくなったので、鎌田は聞く。

「10?10日ですか…?」

上原は、小さく続けた。

 

 

「7...6...5...4...」

 

 

あとがき

短編小説を書いたのはなんだか久しぶりな気がします。ぶっちゃけてしまうと連載してる海月天使の話は本当に誰も読んでいないような気がしてなりません…

宣伝のようになってしまいますが、どうかそちらも読んでいただけると幸いです。

では、当記事を読んでいただき、ありがとうございました

 

                                    さしみ

天使のようなモノ 03

翌日

窓からの景色は昨日とは打って変わって、雲一つない快晴であった。

自室から出ると、リビングの明かりが付いている事に気づいた。

妹はいつも徹夜をしているので、休日は起きるのが遅い。となると、昨日から増えたあいつだろう。

 

リビングに行くと、ダイニングの上に沢山の石鹸が積まれていた。

「…何してんの」

「朝食を取っております」

ガムを噛んでいる時のような音を立て、きくらげは石鹸を食べている。美味しそうに。

「もうなんでもいいや…」

「一口食べますか?この緑色やつが甘くて」

本当にこいつが分からない。

そういえば、昨日は妹の首の触手が取れなくて結局妹の部屋に押し込んだはずだが、どうしてこいつだけリビングにいるのだろう。

「なぁ、昨日の」

キッチンのカウンター越しに尋ねようとすると、まな板の上に千切れた青い触手がぽつんと置かれていた。

「あぁ、それ食べないでくださいね。消化できませんから」

俺は唖然とした。

どうしてそんな物を台所に置いたのか、自分の腕を引きちぎる以外に解決策はなかったのか、色々と聞きたいことがあったが言葉が出てこず、結果何も言えなかった。

人間は一度に様々な常軌を逸した行動を取られると、こう反応するのか。

「まぁまぁここ座ってください。私と喋りましょうよ」

きくらげは、いつ作ったのか、ほかほかと湯気の立つカップラーメンと箸をテーブルに置いていた。

 

時刻は午前8時

まだ薄暗い部屋を、きくらげの発光する体が照らしていた

「あー、その。千切った腕は大丈夫なのか…?」

「すぐ再生しますので、その点はご安心を。火にかければ勝手に蒸発します。」

どんなオモシロ構造になっているのだろうか天使は。

「ところで…妹様の部屋の事なのですが」

「あぁ、あのゴミ屋敷?なんか気になる事でもあったのか?」

「はい。あの、光る機械は何かと伺いたく。」

妹の部屋を頭に思い浮かべ、光る機械があったか考える。

思い浮かんだのは、一つしかなかった。

「パソコンのことか?」

妹の、やたらあちこち光るゲーミングPC。多分そのことだろう。

「はぁ、あれがパソコンですか。マイコンなら知っていましたが。」

何年前の話だろうか。マイコンなんて、死語もいいとこだ。

マイコンはもう日本に殆ど無いぞ…」

「え?!じゃあ、フロッピーももうないんですか?!」

驚愕した声で質問をする。

どの年代の知識で現代に来たんだろうか。

「フロッピーもない!もう●onyは作ってないから!」

「ははぁ…よく分からない物が増えましたね日本は…」

プレステや、薄型のテレビを見まわしながら呟く

「妹様は昨日あの…パソコン。そう、パソコンでゲームをされていたのですが。」

またいつもの様に深夜まで遊んでいたのだろう。隣の部屋にいるとよく銃声が聞こえてくる。

「それで、そのゲームを色々と教えて頂いたのですが、これがとても楽しくてですね。」

きくらげは続ける

「私には今まで無かった感情なのですが、コンピューターではなく生身の人間を倒すと得体の知れない快感が…!」

一日で、妹に対人ゲーマーに染められてしまったようだった。

人はこうしてゲームの沼にハマっていくんだなぁ…

「ほどほどにしろよ。うちの妹みたいになったらダメだぞ」

「ええ、でもせめて2000ハンマーを取るまでは」

 

僅か一日で、堕落していくうちの天使なのだった。

小説 天使のようなモノ 02

 

雨の轟音と共に、壁掛けの時計が7時を告げた。

例の海月…もとい天使は俺の横でソファーに座り、プレステを遊んでいるところをしきりに見ていた。

キャラがダメージを受けると、小さくあっと声を出してくる。鬱陶しい。

「そんなにこのゲームが気になるのか?」

黙らせるために、ひとつ尋ねてみる。

「何十年ぶりの人間社会ですので…あっ、そこの床にサインありますよ」

そんな事は分かっている。

海月は言葉を繋げ、つぶやくようにして言った。

「しかし…テレビも随分進化しましたね。画面も随分大きいですし、私の知る分厚いのとは大違いです。」

ブラウン管の事だろうか。今はほとんど存在しないと思うが、何十年と言ってもそれほど昔でもないのかもしれない。

「あっ、そこです。そこの角を…あっ、そっちは闇霊が」

横からの小言にそろそろ痺れを切らそうとした時、玄関の鍵が開く音がした。

「ただいまー。お兄、タオルあるー?」

妹の岬の声だった。ゲームを中断し、玄関までフェイスタオルを持っていく。

「おかえり。傘持って行かなかったのか」

「部屋に忘れちゃってね、はは」

濡れた髪を拭きながら話す。

「とりあえず風呂に入ってこい。」

そう言うと、さっさと風呂へ走っていった。

 

岬が風呂から上がってくると、隣にいる海月について言及した。

「お兄、あのさ。私の幻覚かもしれないけど…その…デカい海月は何?帰ってきてからずっと見えるんだけど」

どうやら岬にも見えるらしい。俺が答えるよりも先に、海月は答えた。

「あぁ、どうも。私は天使です。今日からここに住まわせていただく事に」

触手をひらひらとさせて手を振る。当然ではあるが、神妙な顔をしていた。

「まぁ、なんだ。いきなりこんな事になってもよく分からないだろう。とりあえずそこ座って。」

海月の方をじっと見つめながらソファーに座る。長い触手をしきりに触ったりと、随分と興味があるようだった。

 

「てな訳で、ここに住むことになった。正直喋ってる俺ですら意味が分からないけれど」

「ですので私は、恩返しとしてあなた方兄妹の悩みを解決することを約束します。それと、私は服を売っていた経験はありません。」

話を聞いている間も、岬はずっと青い触手を触っていた。

「ところでさ、この人に名前はないわけじゃん。名前がないって言うのは色々と不便だと思うのだけれど。」

確かに、岬の言う事も一理ある。確かに、いつまでも海月と呼ぶのも変な感じだ。

「どんな名前でもかまいませんよ。例えばカニとか、イカとか。」

こいつは自分がどんな見た目をしているのか知らないのだろうか。

「んじゃ、一個案があるんだけれど」

岬が小さく手を挙げる。

「どんな名前だ」

「きくらげ」

クラゲじゃないか。いや、きくらげはクラゲではないのだけど。

「どうお兄、結構いいと思うのだけど。」

「きくらげ…いい響きですね。なかなか気に入りました。それにしましょう。」

「ふっふっふ…この私のネーミングセンス、素晴らしい。にへへ」

我が妹ながら、気色の悪い笑い方をするものだ。こいつの才能と言ったら、ゲームの屈伸煽りの技術だけだと思っていたが。

「本当にお前はその名前でいいのか、結局クラゲだぞ。」

「ええ。きくらげ…うーん、凄くいい。」

「フッ…よしたまえよきくらげ君…」

岬は触手を首に巻いて捻じっている。

「それでは、改めまして。今後はきくらげとお呼びください。」

海月の名前は、きくらげに決まったようだ。どうにも府に落ちない。

「時にきくらげ君よ。私には今悩みがあるのだ。」

「はいはい、どんな悩みですか?多分解決します。」

頼りない返事だ。

 

「首にこれ絡まったのだけれど、取れる?」

首の触手は、複雑にもつれていた。

小説 天使のようなモノ 01

 

この世には、天使が存在する。

ある時は人の命を救い、ある時には人の命を奪う気まぐれな存在。

 

これは、そんな中でも変わり者の天使の物語。

 

日本 横浜

 

レインコートを被り、家へと走る。

ひやりと冷たい秋の雨は、轟音を立てて地面へ街へ降り注いでいた。

「…いしょっ。」

重たいレジ袋を持ちながら、歩道をなんとか歩いていた。

自販機の前に差し掛かると、突然声がする。

「…の!…」

どうやら、声は自販機の下から出ているようだった。

神妙な顔をして、自販機の前でしゃがむ。

「あ…そっちじゃなくて…」

その声は、自販機の下の排水溝から聞こえていた。

「すいま…!引き上げてもらっ…」

水によって、声が途切れている。

「大丈夫ですか?!引き上げますから手を出してください」

そう叫ぶと、排水溝から出てきたのは…

水色に光る触手だった。

「うわっ!」

思わず大声をあげてしまった。ゼリーのような見た目のそれは、ウネウネと動いている。

「…はや…!」

何がなんだか分からないまま、その青い触手を引っ張る。

 

するっと、大人一人分くらいの大きさの海月が出てきた。

「わっ!」

排水溝から出てきた海月は、地面にベタッとくっついた。

「あ…ありがとうご…」

お礼を言いかけた海月は、水を勢いよく吐き出す。

本当に、何がなんだか分からない。なんだこの生き物は。

「あの…申し訳ありませんが、少し暖かいところへ送ってはくれませんか…」

一本の触手で肩を掴んで立ち上がると、レインコートの中に入り込んでしまった。

背中にスライムのような感触が伝わってくる。手で取ろうとしたが、どうしようもできず、そのまま家に走った。

 

ストーブの効いた暖かい部屋で、コーヒーを入れる。

…ダイニングには、あの海月が座っていた。

「助けていただいて、本当にありがとうございます。海に放り出されるところでした…」

海月は海にいるもんじゃないのか。そう言いたかったが、そんな質問をする体力もなかった。

「えっと…君は誰…いや、何なんだ?」

二足で歩きはするが、明らかに人ではない。誰というのは適切でない気がした。

「はい、あの…私は、天使です」

天使なら、もっとそれらしい見た目があるだろ。

「天使…天使かぁ…」

色々な事が起こりすぎて、頭がクラクラする。

「私には、あなたの名前が分かります。」

突然、そう言われ、面喰ってしまった。

「私が天使だということの証明です。あの黄色いレインコート…名前は…ジョージですか。」

「その場合お前が引き込む側だぞ。」

俺が何歳に見えているのだろうか。

「まぁこの際名前は置いておいて」

置かれても困る。自分から言っておいて。

「先ほども申し上げた通り、私は天使です。私はその中で人間の悩みを解決するために存在していたのですが…リストラされまして。」

リストラとかあるのか。

海月天使は続ける

「それで、あなたに助けてもらったお礼として、あなたのどんな悩みでも叶えるということを約束したいのですが…いかがでしょう」

悩みを解決する、か。確かに、天使の力を使って悩みのない人生を送れるのなら、それは喜ばしい事だが…

「あー…その、例えば解決できない悩み…ってのもあるだろう。それはどうやって解決するんだ」

魔法の力で、なんとかするのだろうか。魔法なんて、ホイミ以外使えそうに見えないが。

「…なんとかします。」

ものすごく頼りない返答が返ってきた。

「でもでも、大体のことは私はできます」

こっちの顔を見て、焦ったように早口で言う。

「…例えば。」

「透明になったり、自在に声をコピーしたり…あ、あと…なんかできます…」

かなり自信がなさげだ。

こちらの表情を伺うと、海月天使は

「だから捨てないでください!なんでもやりますから、海に流すのだけは!」

だからお前は海にいるもんだろ。そしてこいつはうちに住む気なのか。

「わかったわかった、一回落ち着いて。」

溜息混じりに答える。

「いいよ、そこまで言うなら…」

早く休みたい。承認しないと何時間も粘りそうだ。

「ありがとうございます。ジョージさん。」

「ジョージじゃねぇっての。腕嚙み千切ったろか。」

「立場が逆ですって」

海月天使は、真っ白な紙を取り出す。

「えーと、ここにお名前と氏名を記入して、契約して頂いてもいいですか」

お名前と氏名は一緒だぞ。

「ペン持ってないんだけど。」

「じゃあ、ここに山羊の血があるのでこれで書いてもらっても」

「お前本当に天使か」

部屋の棚からボールペンを取り出し、紙に名前を書く。

「…はい。ありがとうございます。それでは、えー」

「島田純さん。これからよろしくお願いします。」

 

妙な天使との生活が始まった。

 

 

 

ハイヒールで踏まれたらどれだけ痛いのか?

こんにちは、さしみさんです。

今日は短編小説ではなく、検証やっていきます。

今日のお題は

ハイヒールで踏まれたらどれだけ痛いのか

です。

この記事を読んでいる方で、ハイヒールで踏まれた経験のある方はどれくらいいるでしょうか。多分殆どいないと思うんですけど、一応居たらTwitterのDMかGメールへ送ってください。

では、始めましょう。

 

まずどれくらい痛いのかですが、痛みの度合いは人によって異なるため、数値で表すことはできません。なので、本記事では圧力で計算をします。

ハイヒールのかかとの大きさが分からないのでgoogleで検索しましたが、かかとの大きさが載った記事を見つけることができませんでした。筆者の家にもハイヒールはないので、今回はネットのハイヒールの画像から、かかとの大きさは縦横1cmと仮定します。

f:id:sashimisan:20210407163318j:plain

参考画像(google画像検索より)

言うまでもないんですけど、ハイヒールは靴なので履いている人の体重によって圧力は変動します。なので、履いている人が重ければ重いほどかかとの圧力は上がります。

筆者は今14歳なのですが、楽天の記事によると

日本人女性の12歳~14歳の女性の平均体重は44.3kgとのことなので、四捨五入して40kgと仮定します。

 

縦横1cmハイヒールのかかとに40kgの体重の半分がかかり、重力加速度を9.8m/s2とすると、40kg×9.8m/s2=392Nになります。

  392N 

0.0001㎡×2            =19600000pa (NはニュートンPaパスカル)

つまり、かかとの圧力は196万パスカルになります。

 

これだけだと伝わりづらいので、比較対象として象を出します。

アフリカゾウのメスの体重は平均3tとのことなので、検証のゾウの体重は3tと仮定します。

f:id:sashimisan:20210407170032j:plain

アフリカゾウのメス

写真から、ゾウの足の裏が0.1㎡と仮定し、先ほどと同じように計算します。

すると、ゾウの足一本の圧力は、73500paとなります。

 

ゾウの足が73500paに対し、ハイヒールの圧力は1960000pa。

つまり、結論はこうなります。

結論

ハイヒールで踏まれたらゾウの足より痛い

ということになります。

皆さんは、今後もハイヒールで踏まれないようにしましょう。つま先でもどこでも、確実に骨は折れます。

 

さて、本記事での検証はこれで終わりです。今回の記事も人類には一切役立たないのでしっかりと忘れておくようにしましょう。

それでは、以上、さしみによる「ハイヒールで踏まれたらどれだけ痛いのか?」でした。

 

                                   さしみ

短編小説~医者の恋~

平成23年 石川県

 

島田良平(33)は、院内でも一番の腕を誇る凄腕の医者である。

勤勉な性格であるため、困難でとても長い時間のかかる手術も断らず、引き受けていた。

 

2月 院内

島田は長い手術を終え、疲れ切った様子で自販機の前の椅子に座っていた。そこへ

「先生!手術、無事終わったんですね!」

と、後輩の医師、高木が話しかけてきた。

「なんとか無事に終わったよ…今日はもう仕事あがりだ。」

疲れでフラフラする頭を働かし、返答した。

「少し、隣いいですか?相談したい事があって…」

高木は島田に奢る分の飲み物を買いながら話す。

「いいぞ、座れ。」

島田は背もたれに頬杖をついて答えた。

 

「…島田先生は、前は県立病院で働いていたんですよね。」

高木は冷たい缶コーヒーを持ち、島田へ聞く。

「まァ、3年くらいで辞めたけどな。で、それがなんだって言うんだ?」

高木は少し恥ずかしげに話す。

「あの…それで。先生は、患者と恋に落ちた経験とか…あったりしましたか?」

島田は自分の記憶を辿り、そのような話をなんとか思い出そうとしていた。

「俺は無いが…同期の奴が同じような事を言っていたな。お前くらいの年だったが…」

そして島田は、高木の発言の意図を察したようだった。

「お前、まさか」

「はい…今、うちに入院している桃ちゃん、いますよね。僕…あの子の事が好きなんです。こんなこと、田沼院長にバレたらまずいですけど…でも、長いこと接しているうちに…」

担当ではないので桃の顔は知らず名前のみ知っていたが、島田は重い頭を背もたれに置き、天井を見ながら言った。

「お前が…そう思うならいいんじゃねぇかな。」

疲れきった様子で、答える。

高木は、島田が肯定的な意見だった事に、驚いているようだった。

「ありがとうございます…!島田先生に相談できて、良かったです!」

島田は、疲れ切ってぼーっとしたまま、二つ返事で答える。

「退院する前に、告白でもすればいいんじゃねぇか?」

高木は嬉しそうに、

「分かりました…!ありがとうございます、島田先生。」

島田はおうと答えると、

「じゃ、俺はそろそろ時間だから、帰るとするよ。じゃ、また明日な。」

「はい!ありがとうございました!」

 

島田は夕日に照らされ、病院を出た。

駐車場をフラフラと歩きながら、自分の車の運転席へ座る

「あいつ…そんなこと思ってたんだな…」

 

そう呟きながら島田は、田沼動物病院を後にした。

 

 

 

あとがき

島田医師、そうとう疲れていたようで。自分が勤めている病院が何科なのかすら忘れていたようです。

今日はいつもより少し、長めでしたね。今後も書いていきますので、よろしくお願いします。

以上、

 

                                    さしみ